自動車保険の仕組みがよくわからない方へ

自動車保険の仕組みがよくわからない方へ

自動車保険 仕組み

自動車保険 詳細

自動車保険 詳しく

自動車保険 内訳

自動車保険 見積もり

自動車保険 会社

自動車保険 お得

自動車保険 安い

 

自動車保険の仕組みはややこしいですね。よくわからないまま、なんとなく契約していませんか?
保険料が高いな・・・もっと安いところはないのかな・・・と思っているなら、今一度、自動車保険の見直しをしてみませんか?

 

自動車保険の保険料は主にどのくらいの補償をつけるかで決まります。
補償というのは、事故の時に支払われる保険料をいくらに設定するかということです。

 

そしてその補償には主に4種類あります。
対人賠償・対物賠償・人身傷害(または搭乗者傷害)・車両保険の4つです。

 

これらはそれぞれ補償される内容が違います。

 

・対人賠償は事故相手の怪我や障害、死亡の場合に備えるもの。
・対物賠償は事故相手の車の修理に備えるもの。
・人身傷害は自分の怪我や障害、死亡に備えるもの。
・車両保険は自分の車の修理に備えるもの。

 

このような感じです。これらの補償金をいくらに設定するかで保険料が決まって来るのです。

 

対人・対物賠償は事故相手に支払われる補償なので無制限にしておきましょう。
保険無加入で事故を起こした場合、相手がもし死亡したときの賠償金は数億円が自費となってしまいます。保険に加入していても上限5000万円なら残りは自費となります。必ず無制限にしておきましょう。

 

人身傷害は自分や同乗者の身体への補償となりますので手厚くつけておきたいところですが、保険料が上がりますので最低でも3000万円くらいのものに加入しておくと良いですね。余裕があるならもう少しかけておきましょう。

 

そして問題なのが車両保険です。
自分の車が破損したら保険で直したいと思いますよね。しかし車両保険をつけると保険料がかなりアップします。さらに保険を使って修理した場合は翌年の保険料もアップします。そして車両保険で支払われる金額は車の市場価値分しか出ません。20万円の価値の車が壊れたから保険で修理しても最大で20万円しか支払われないのです。近々買い替えを検討している車には必要ないかもしれませんね。

 

そういうわけで車両保険は付けないという方も少なくありません。車両保険は買って間もない市場価値の高い車や部品が特殊なため修理費用が高い外車などであればつけておくと良いですね。

 

長かったですが、ここまでくればあともう一息です。
後は決めた補償内容を自動車保険一括見積もりすれば、複数の業者から見積もりが届きます。

 

同じ補償内容なら保険料が安い方が嬉しいですね。
それらを比較して自動車保険を見直ししましょう。今までよりも保険料が安くなるといいですね。

 

自動車保険 仕組み 価格